2021年 08月 23日

EYELAの撮影【裏側】

せっかくアイリストになったのなら一度は携わってみたい【撮影】

アイリストはお客様のなりたい目元を実現させる、とてもクリエイティブな仕事ですが、お客様に施術する以外にも表現のできる機会があります。

それが【撮影】です。

どんな風に行われているのでしょうか??

 

そこで先日行われたEYELAのイメージ写真の撮影の裏側に密着しました!

撮影した写真はEYELAのホームページや広告などに使われますよ!

 

AD8I8096-2

 

まずは・・・

===EYELAで使用するイメージ写真の撮影チームのメンバーが決定!!

撮影を行うためのチームメンバーの決定をしていきます。

今回は「1名のアイリスト+1名の本部メンバー」を1チームとし、3チームから成る撮影チームとなりました。

アイリストはEYELA銀座店の細島さん、EYELA池袋店の店長兼エデュケーターの山谷さんとエデュケーターの高橋さんです。

 

撮影自体は定期的に行っておりますが、本部には各店舗から素敵な写真を撮ってほしいとというオーダーが常に入ります!!

はい、頑張ります(>_<)

そして、アイリストはいつも全力投球で撮影に臨んでおります。

今回も頑張ってくれるはず!!

 

===実際の撮影は、撮影日の何日も前から始まっています

メンバーが決まると各チームどんなイメージで、どのモデルさんを起用して撮影を行うかを決めていきます。

あーでもない、こーでもないとイメージにあったモデルさんを探します。

モデルさんは可愛いんですよね♡女子が見てもときめきます♡

それに、イメージに合うモデルさん選びもとても重要です。

モデルさんによって雰囲気の違う写真が撮れますからね。

AD8I8406-2

 髪型をどうするとか、メイクをどうするとか世界観をつくっていきます。

それと同時にヘアメイクさんやカメラマンのアサインをしていきます!

今回は3名のカメラマンに来ていただきました。大所帯!!

そして、モデルさんにマツエクの装着をして撮影を行うのですが、この撮影スケジュールの段取りも一苦労です。

このあたりは本部メンバーがスムーズに進行できるように前もって考えます。

段取り8割と聞いたことがありますが、仕事は段取りが重要!!!

 

===そして、撮影当日

モデルさんとご対面です。

モデルさんが来るとアイリスト達が早速まつエクの装着です。

可愛いモデルさん。

更に可愛く仕上がるのが楽しみです♡

写真 2021-08-16 15 35 51

 撮影場所に行ってみると、こんな小物たちもそろえてありました▽

そういえば・・・社内にはモデルさん用の洋服やアクセサリーも置いてありました。

いつの間にか揃えていたんですね。 

写真 2021-08-16 15 39 23

 

ヘアメイクさんがヘアセットに。こんな風に使ったりもするんですね。

写真 2021-08-16 15 39 52

こちらは手に持っていますね。可愛い。

写真 2021-08-16 15 40 09

 

 マツエクの装着とヘアメイクが終われば撮影です。

写真 2021-08-16 15 34 58

 

モデルさん達も自由に動きながら写真を撮っていきます。

この日は天気が良かったので外に出ての撮影も行いました。

こうして、たーくさんの写真撮影を行い、使用する写真は後日数枚にしぼられます。

その場でカメラマンと写真のチェックをするのですが、

実際に写真が上がってくるまではドキドキです。

どんなふうに仕上がったのか・・・

早く見たい・・・

そして、完成した写真が納品されると早速チェック!!!

 

・・・素敵な写真がたくさん撮れました☆

 

撮影が終わると、またこのモデルさんに依頼したい!とか、可愛かったなーとか、反省点とかを諸々共有します。

そして次回の撮影に備えます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こうして一部始終見てみると、撮影とはアイリスト、本部メンバー、カメラマン、ヘアメイクさんの共同作品なんですね。

世界で1枚だけの写真・・・

まさに自分の作品です。

 

そしてEYELAのアイリストであれば撮影に参加できるのでアイリストの皆さんはぜひ、次回の撮影メンバーに立候補してほしいです(^_-)-☆

自分で作った作品が40店舗以上あるEYELAの店舗で使われます。

ホームページやポータルサイト、チラシ・・・全国にお披露目されます。

もちろん自分のインスタ等にも使うこともできますよ。

 

今回は、普段のお客様へのマツエク装着以外のお仕事、「撮影」についてでした!!

 

AD8I6751

AD8I7930-2

 

 

 

 

 

 

 


ページの先頭へ戻る