2019年 06月 18日

女性のキャリアパス

弊社は、ただいま面談の時期です。

私が今回の面談で大切にしたことは「キャリアパス」です。

今後はもっと明確にスタッフが自分のキャリアパスを描いていけるようにしていきたいと思いました。

それと同時に、何が向いているとか、その人の特性をよく理解して方向性を導いてあげることも必要だと強く感じました。

 

女性の場合、ライフステージの変化が仕事に影響をもたらす可能性が男性よりも高いです。

優秀な人でもその変化により、今まで重ねてきた経験が活かせていないことが多いと感じていました。

どうしたらそうならないですむのかな??と。

 

私が思うに女性はとにかく早めにキャリアを積んで、自分の存在場所をつくっておく必要があります。

とにかく前倒し前倒しで早め早めにたくさんの経験を積んでいく必要があります。

そうすることで、例えば自分が妊娠して産休・育休に入ったとしても、戻ってきたときにもとの経験を存分に活かしたポジションにつけたり、私のようにサロンを経営していれば、他の人に任せる体制をつくって、戻れる時に戻ってくることができます。

そうすると、今までの経験が0からのスタートにならずに、以前からの積み重ねになっていきます。

 

すごく大切なことなのに学校では教えてくれません。

だからこそ、早く気づいて自分なりの努力をしていく必要があります。

家庭にも社会にも必要とされる自分でいつづけられるように。

 

最近はドタバタな毎日ですが、とっても充実しています^^

 

 

 


ページの先頭へ戻る